staffblogスタッフブログ

ホームスタッフブログ > 1/11(月) ● 方言 ●

1/11(月) ● 方言 ●

こんにちは、大和市鶴間の美容室
HAIR SALON FI:NE(ヘアーサロン フィーネ)です!

本日も私たちが毎朝朝礼でシェアしている『職場の教養』にある″その日の心がけ″を紹介いたします

 

1/11(月) ● 方言 ●

地方から東京に初めて出てきた時、自分ガス弾使っている言葉を、他者に指摘されて、実は方言だったと気づくことがあるようです。

日本では明治時代以後、一般的に言葉の基本は東京に置かれ、特定の地域だけで使われる言葉が方言と呼ばれています。

例えば、相手にお礼を伝える時に、皆さんは何と言っていますか。

「ありがとう」以外に、西日本などでは「だんだん」、関西では「おおきに」といった言葉が使われることもあります。

方言にはその土地ならではの成り立ちや使い方があります。

普段は標準語を使っていても、故郷に帰った時は、敢えて方言に戻すというように、使い分けをする人もいるでしょう。

方言には、地元出身者ならではの親しみがあるようです。

住んでいる各地域の方言は元より、出身地の文化、歴史などについても理解を深め、きちんと説明できるようになれるとよいかもしれません。

会話の中で、ますます話題が増え、友好的な関係が築けるでしょう。

 

今日の心がけ◆地域の歴史や文化への理解を深めましょう

 

以上、『職場の教養』からの紹介になります。

効果を実感できるヘッドスパで評判の美容院をお探しなら
大和市鶴間の美容室
HAIR SALON FI:NE

このページをシェアするShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+